朴保|LIVE

朴保

1979年「広瀬友剛」の名でメジャーデビュー。間もなく朴保と改名。「朴保&切狂言」結成。「原爆の図」丸木美術館でコンサートを開催。1983年渡米。サンフランシスコでバンド「Ogie Yocha」/「Psychedelic Samurai and I」を率いて活動。1993年帰国後「東京ビビンパクラブ」「波人(パド)」「朴保バンド」結成、北朝鮮・韓国及び世界各地でライブ。福島原発事故による子ども救済の為にオーストラリアでアルバムを制作し寄付 活動を展開。2013年ソロアルバム「IMAKOSO」発表。毎年行われるアイヌモシリ一万年祭(北海道)、ワンコリアフェスティバル(大阪)などのピースイベントに参加、8月の広島にて被爆追悼ライブを慣行、沖縄基地反対運動など、現在も海外を含めて精力的に活動中。