シャブドー|LIVE

シャブドー

神の音霊 というサンスクリット語
シャブドーの35年間の瞑想は本物だ!ぜひたくさんの人にシャブドーの音とサイレンスを体験して欲しい?シャブドーは、ジャマイカのレゲエサンスプラッシュに日本人として初めて参加した ?’77年にインドに移住プーナのラジーニシ,アシュラムにて音楽を担当する!OSHOの弟子になったあと、ウェザー・リポートやギル・エヴァンスのライヴ・アット・ザ・パブリック・シアターで活躍したブラジル人パーカッションプレイヤーで、やはりOSHOの弟子になったニベダノとともに音楽を行い、OSHOが亡くなった時もそこで音楽を演奏した古参サニヤシンだ奈良の天河神社の護摩音楽も20年以上も担当した。彼の尺八は瞑想的な空間を作り出す!