高砂BUTOH協同組合|舞踏

高砂BUTOH協同組合

数年、舞踏家桂勘に師事してワークショップを重ねるうちに、カンパニーを結成することになる。2001年はじめチェンマイワークショップを経て、6月高砂BUTOH協同組合の旗揚げ公演。その夏エジンバラ・フェスティバル・フリンジ部門に桂勘作品「奇妙な魚」の制作・出演をする。年1回の自主公演と、地域での祭りイヴェントに短い作品を持って参加してきている。又、月1回程度、集中ワークを開催してきている。
舞踏は日常の中で失われていく身体性や自我の回復に繋がっている。 1人1人が持つ固有のリズム・動き・リアルを発見していくこと、無意識の領域の動きを表出させていくことを通して、ワクワク・ドキドキ・ハラハラの世界を、生命力に満ちあふれた踊りを見いだしていくこと。踊りを通して私の中の風土、または風土のなかの私・・風土としての私を見つけ出していくこと。誰の中にもある踊りを表現する方法を確立していくことだ。

http://wikiwiki.jp/jcdnmdfj/?COMPANY%2FTakasagoBUTOHKyodokumai