8/27sun『未来に生きる次世代トーク』

img_9913

<パネルトーク> 司会 藤村ゆみえ

・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校?家庭?フリースクール?どこだっていい。
自分らしくあれる、自分の居場所は自分で探す!
<テイーンエイジャーたちのトーク>

・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもたちと大切にしてきたことは?
<お母さんたちのトーク>

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、ホームスクーラーや、フリースクールの人たちはもちろん、一年生からずーっと学校に行ってるけど、学校以外にも自分が生き生きとできる居場所を見つけた子、ずーっと学校へ行っていたけど、思い切って路線変更してみた、もと高校生や、ホームスクーリングしたり学校行ったり、中卒でまたホームスクーリングに戻ったりした後、今度は受験して高校生になってみた人…など、
素敵なテイーンエイジャーたちが登場します。
次世代が主役!
みんな自分で悩み考え、行動し、わたしたちの時代よりも、ずっと、のびのびとしなやかに、人生を生きてる子ども達。
Img_8408_1
そんなテイーンエイジャーの人たち、
プラス、お母さんたちのトークもあります。
子どもが学校行かなくなっちゃって〜と言う、もと教師のお母さん、子どもと一緒にフリースクールという選択をしたお母さん、最初は違和感があったけど、学校や学校を通じてのママ友や先生たちとのお付き合いを、最後には楽しめるようになったお母さん、
子どもが生まれても、自分らしく生きることをずっと止めなかったお母さん、
いろいろなお母さんに、子どもとの人生のなかで、ずっと大切にしてきたことをお話ししていただきます。
Img_7636
 去年参加してくださってた方たちは、
あの集いが、どんなに素晴らしいものだったか、にあると思います。
子どもがのびのびと自分らしく生きられるように、お母さんもお父さんも、
悩んだり、勉強したり、自分自身と向き合ったり、夫婦でとことん話し合ったりして、ホームスクーリングやフリースクールという選択。未だ日本では少数派で、けもの道を歩いているようなもの。風当たりもきつかったりもした。そんな中で育ってきた子どもたちから、出てくる本音のトークは、大人たちに向けて、底抜けに明るく、自己肯定感に満ち溢れた、力強いメッセージでしたね。もうね、キラキラ輝いていました。
 そして今年は、ずっと学校に通ってきた子どもたちのトークもあるのです。
この子たちもとーっても素敵なのです。楽しみです!
Img_1167
去年の様子
ホームスクーラの子も、フリースクールの子も、学校行ってる子も、みんなそれぞれ魅力がある。どこでだって、子どもはおもしろく育つ。どこだっていい。そこが、その子に合っていたらね。「自分らしくあれる居場所」子どもは自分で選ぶ力を持ってるから。探す力を持ってるから・・・・。
そして、どっちを選んだってええんやで〜。あんたが、あんたらしくいられたら、それでオッケー!
…そんな大人たちが、そばにいることも大きいかも知れませんが。
など、このようなことが、

このパネルトークで、見えてきたらおもしろいなと思います。

ぜひご参加おまちしております。

<はるや 藤村ゆみえ http://haruyanahibi.cocolog-nifty.com/